桐について 

 

私(渡辺)がC&Cを起業するに至ったのは、管理工学研究所のデータベースソフト「桐」との出会いがあってのことです。

それは1990年のことです。ある業界誌に付属の桐Ver.3体験版を試用してみると、当時使用していたプログラム開発言語で170行近くを要した処理が2行で出来る。この差は圧倒でした。当時主流の表計算ソフト「Lotus1-2-3」によく似た操作体系はとても使いやすく、他では見られないほどの高速データ処理や美しい配色のセンスに魅了されました。

弊社を創立した1991年はバブルの余韻が色濃く、当時を思い起こすと日本中みんながラテン系だったように思います。1995年にWindows95が発売された時のお祭り騒ぎは記憶に残る方もいらっしゃる事でしょう。1999年には2000年問題特需があり、2007年ごろまでは「いざなみ景気」と呼ばれる「実感なき景気回復」期がありました。そしてリーマンショック後の景気後退からアベノミクスによる新成長戦略で戦後最長の好景気が続いています。

様々な事があった20余年に桐も進化を重ねてきました。
以下は桐のバージョン発売年と私見です。
1986年 桐
1987年 桐Ver.2
1991年 桐Ver.3(私が出会ったバージョン)
1992年 桐Ver.4
1994年 桐Ver.5(桐の黄金期)
1997年 桐Ver.6(一括機能のない桐なんて)
1998年 桐Ver.7
1999年 桐Ver.8(実質的なWindows桐)
2002年 桐Ver.9(真打登場)
※以降桐9-2004,2015,2006,2007,2009,2012と
マイナーバージョンアップ
2013年 桐9S(sは消費税対応のsかと)
2014年 桐10(これで桐でまだまだ仕事ができる)
文字コード処理がユニコードになり、データベースサイズが桐9の64倍、最大レコード数は約25倍とこれまでの限界が大きく緩和しました。自治体などで使われる異体字にも対応し、活用できるシーンが大きく広がりました。
2017年 桐10s(桐の現在の到達点)

通常 _600x800

桐を元に構築した業務システムは、ユーザーにとって使いやすく・開発者にとって作りやすく変更しやすく・低コストで効果的で多くのお客様に導入いただいています。桐の操作体系はDOS時代から変わらぬ洗練されたインターフェースで、Windows時代に追加された機能と調和し意のままに使用できます。エクセルのようにデータを見ながら自在に編集し、定形業務はマクロ言語「一括処理」でルーチン化できます。DTPソフト並みの強力な印刷機能で凡そどんな指定様式帳票も印刷可能といってよいでしょう。これまでも、これからも使えるデータ処理ソフト「桐」を弊社ではお薦めいたします。