andmin のすべての投稿

桐 30周年記念カウントダウンキャンペーン

 

「桐」は来年30歳を迎えます。1986年に発売以来、17回のバージョンアップやアップデートが行われました。数多くのユーザーが桐を様々な状況で活用しています。これから来年にかけて様々な企画が行われる、と報じられている下記サイトをご参照ください。

 

管理工学研究所サイト

桐10 30周年カウントダウン

http://www.kthree.co.jp/kiri/kiri10/kiri10_30thcd_top.html

本文抜粋 「30周年に向け、桐はさらに強化し、お客様の要望にお答えできるよう進化しています。」

 

SankeiBizサイト

フォント関連機能を強化した『桐10 sp1』3月16日(月)より公開

日本語データベースシステム桐 30周年カウントダウン 第1弾

http://www.sankeibiz.jp/business/news/150316/prl1503161208044-n1.htm

本文抜粋 「今回のプロモーションでは旧バージョン(桐9シリーズ、桐8シリーズ)のお客様に桐10へのバージョンアップをお勧めすると共に、正しい字形で文字(漢字)を扱う必要がある新規顧客層に向けた浸透を図っていきます。」

 

「経営革新」制度の承認を得ました

 

本年2月、C&Cは茨城県より「経営革新計画承認証書」を授与しました。

「経営革新計画」とは、中小企業が新たな事業活動を行うことによって経営の向上に向けた取り組みを行い、経営革新の承認を受けると定理の融資制度や税制上の特例など多様な支援を受けることが出来る制度の名称です。

『新たな事業活動を行うことで経営の向上を図りたい』

この思いを持つ経営者は少なくないでしょう。一人で計画を立て申請することも可能ですが、専門機関の手助けを借りることをお薦めします。C&Cでは、つくば市商工会や中小企業診断士の方々にご指導をいただきました。これらは商工会の事業活動の一環として行われており、些少の経費で大きな成果のあるコンサルテーションを受けることが出来ました。

C&Cの経営革新テーマ名は 「自治体向けソフトウェアの開発と新たな営業活動による販路拡大」です。既に開発・運用実績のある自治体向けソフトウェアを元に、つくばIT事業協同組合の協力を得て営業活動を行う計画です。

「経営革新計画」は複数回申請することが出来ます。新たな事業のヒントを、実現可能性を専門家と考えながら事業計画というカタチしていくのは経営者の醍醐味の一つになるかもしれません。

 中小企業庁の「経営革新計画」案内サイトはこちら

♫茨城いのちの電話にお掛けでしたら

 

C&C営業電話番号の 029-850-1000 に、時として日1回以上いのちの電話と間違えて掛けてくる方々がいらっしゃいます。 正しい番号は、

  水戸:029-350-1000

  つくば:029-855-1000

です、どうかお間違えなきよう。

 

桐システムインテグレーションサービス「桐SiS」

 

管理工学研究所では、桐をより活用なさりたいお客様向け有料技術コンサルティング

「桐SiS」事業をを展開しています。

SiSとは System Integretion Services の略で、お客様の目的に応じたIT活用の提案や、

業務システムの開発・運用保守などの包括的なサービスでお客様を幅広くサポートします。

弊社も茨城県内唯一の  「桐SiSをサポートするプロ集団」  として登録されています。

桐SiSについての説明はこちらをご覧ください

桐SiSパートナー一覧はこちらをご覧ください (「関東地区」をクリックすると弊社紹介にジャンプします)

 

 

桐10リリースしました!

 

待望の日本語データベース「桐」の最新版が10/17に発売されました。すでにご利用の方もいらっしゃることでしょう。

ファイル最大サイズを64倍に、文字コードをunicode+官公庁で使用されているIVS(拡張漢字)に対応し、これまで桐を待望していた状況に応えています。

弊社でも桐10を採用したシステムで運用を開始したお客様がいらっしゃいます。これから拓かれる新しい桐の活躍の場をご提案すべく、様々な取り組みを行っております。

関連リンク;

管理工学研究所 トップページ (正面に桐10のバナーがあります)

PC Watch – 管理工学研究所、32GB容量を扱えるデータベース「桐10」

ICT教育ニュース – 管理工学研究所/日本語データベースシステム「桐10」を17日発売

日刊工業新聞記事 – 基本機能を大幅に強化した日本語データベースシステム「桐10」を発売